お金にまつわる情報を仕入れて取り引きをスムーズに

今後広まっていく

グローバル化によりストックオプションが再評価

1970年代、80年代と経済状況が大きく変わった事は経済のグローバル化が進み、国内だけでなく世界情勢を鑑みて経営指針や状況を中期的、そしてタイムリーに進めていかなければならないというところです。そういった状況の変化により会社の評価は一気に進みます。国内で評価される会社は世界でも評価される可能性が高くなっています。社員のグローバル化も進み、社内会議は英語でやりとりされる企業もどんどん増えています。社員のグローバル化が進んだことにより給与支給方法も見直しもされるようになっています。その1つにストックオプション評価があります。ストックオプション評価は国内ではまだメジャーな方法には至っておらずそのため導入評価もまだです。国外では賞与がストックオプション評価が一般的であり、国内においてもストックオプション評価が広がって行くのは時間の問題です。

役員のだけでなく一般社員にもストックオプションが広がっていく可能性

ストックオプション評価は聞き慣れない言葉ですが、大企業の役員待遇では当たり前のものでした。役員というのは数が限られた人たちですからストックオプション評価は聞いたことがなくても当たり前かもしれません。今後は一般社員にもストックオプション評価が広まっていく可能性が大きいです。企業にとってのメリットもあり、社員にとってもメリットがあるからです。企業側のメリットとしては賞与などの運転資金を銀行から借入せずとも社員に支給できるということです。銀行からの借入が少ないということは銀行への返済利子分を利益に組み入れるということができます。企業の経営として無借金経営であればあるほど株式市場からの評価が高まるということがあります。また社員のメリットとしては会社の評価が株式市場によって評価されればされるほど資産が増えるというメリットがあります。