お金にまつわる情報を仕入れて取り引きをスムーズに

金銭感覚を養う

このキャッシュフローゲームについては、ロバート・キヨサキが考案したゲームになります。元々は金持ち父さん貧乏父さんという自己啓発本から紹介されているゲームです。 このゲームの成り立ちとしては、先にゲームを製作して本を作ったということです。ゲームの攻略方法やその知識については本を読むことで補うことができます。 ゲームは、簡単に説明するとリアル大人版人生ゲームといったことです。ゲーム特有の簡単なものではなく、実社会で起こり得ることを題材としているので親近感がわきます。 お金の知識を学びたい人やこれから勉強したい人、または子供からお金の教育をしたいという人にとってはうってつけのゲームとしてキャッシュフローゲームがあります。

キャッシュフローゲームはルールが細かく設定されています。取扱説明書も細かく記載されており、分かりやすくなっています。 より分かりやすくゲームをやっていくには、何度もプレイをしたことのある人と一緒にやることをオススメします。その理由としては、キャッシュフローゲーム内には投資をしてお金を作るという項目があるのです。この項目は株式・債権・投資信託・FX・不動産など様々な投資パターンがあり、これらの投資を全て知っている方でないとどのような取引になるのかが明確にならないということがあるからです。 お金の話が嫌だということではなくて、実際のゲーム中の出来事が実社会の自分のやり方とうり二つになるのです。あなたの金銭感覚も養われていくのでゲームをすることをオススメします。